旦那に内緒で作れるカードローン

金利と景気の関係

「2014年―中国のバブル経済は崩壊するのか?」 こんなタイトルの記事が、中国のサイトに載っていました。でも、私の住んでいる中国の一都市では、次々と豪華マンションや大型商業施設が建っていて、一見、経済はすごく発展しているという感じです。預金金利も日本に比べるずいぶんよくなっています。街を歩いていて、銀行の壁に掲げられている電光掲示板を見ると、普通預金は年0.35%、定期預金は、3カ月ものが年2.85%、1年ものは3%、2年は3.75%、3年は4.25%、5年は4.75%のようになっています。 日本の預金金利はというと、たとえば、三菱東京UFJ銀行の場合、普通預金は年0.020%、スーパー定期は、300万円未満の1カ月ものは年0.025%、2年ものは0.030%、6年ものは0.040%、10年ものが0.100%・・・・

金利について

ところで、金利というのは、景気と密接な関係がありますね。景気が良くなると、みんなの収入も増えて、物を購入したり、投資したりすることが増えていきます。企業も設備投資などをするので、お金の需要が大きくなり、金利が高くなります。そして、金利が高くなると、貯金をする人が増えて、物を買わなくなるので、お金の需要が減って景気が悪くなり金利も低くなります。経済のバランスを保つために日本銀行が金利を上げたり下げたりしています。 これからの景気はどうなるのか金利はどうなるのかというのは気になるところです。景気は良くなってほしいというのは誰しも望むことですが、世界的な金融危機が起こって、急に経済的に苦しくなるということもあり得ます。なので、現在の生活を楽しみつつも、不必要な借金やリスクの高い資産運用をしないで、堅実に暮らすのが一番かなと思いますね。
<<お勧めPRサイト>>
専業主婦カードローン※主婦ぽちゃこでも審査に通った方法とは?
http://xn--ok-7g4a2ethkbydc2948d9ozapydz14c.com/