中小企業の資金調達〜制度融資とは〜

融資制度について

制度融資というのを聞いたことがありますか?これは、あまり知られていない制度で、ある自治体が行った、中小企業の資金調達に関する調査によると、3割の企業が知らないと回答したそうです。また、銀行員の中には、制度融資について知らないという人も少なくないとのことです。それでも、制度融資は中小企業にとっては非常に心強い制度なんです。

制度融資というのは、金融機関、自治体、信用保証協会の三者が協力して、中小企業者が事業に必要な資金を円滑に調達できるよう支援する制度のことです。制度融資には、事業に必要な資金を調達する一般的な制度のほか、新規創業、経営の安定や工場立地の支援などのために設けられた制度もあります。金利は年1.1〜1.9%という場合もあります。

中小企業への融資制度

制度融資のメリットは、金利が低いこと、それから融資実行時の金利がそのまま変わらないので、返済計画が立てやすいということです。また、長期間の借入れが可能で、無担保・第三者保証人不要で借り入れることができます。会社創設の資金にも利用しやすくなっています。

デメリットは、融資実行時には別途、信用保証料が必要になること、自治体と銀行が審査するため、融資を得るまでに時間が掛かる、返済期間が短い場合があるなどです。それで、企業側からは保証料負担の軽減や融資実行までのスピードアップ、提出書類の簡素化などの要望も寄せられています。

資金の調達はなかなか大変ですが、銀行から借りられないからと言ってすぐにノンバンクに申し込むのではなく、制度融資を利用できないかどうか検討されることをお勧めします。
私は主婦ですが、毎度銀行のフリーキャッシングにお世話になっています。もちろん旦那には内緒ですが、生活費に困ったときに本当に助かっています。
専業主婦カードローン※家族に内緒で即日で借りる方法とは?