店舗デザインについて

飲食店の外観デザイン

飲食店の外観デザイン 飲食店にとって何よりも大切なのは集客があるという事です。
派手で立派な看板を掲げても客が来なければ営業が成り立たず経営そのもの、飲食店の存続にもつながるものだからです。もちろん、料理がおいしいに越したことはありませんが、いくら料理がおいしくても店舗の外観の差であまりおいしくない店舗に負けてしまうという事もあります。
店主が料理人としてどれ程努力をし修業を積んだとしても、店舗デザインによって客の入り方が変わってしまうものなので、とてもシビアな現実の中で毎日を過ごしています。古くからあるお店であまり旨いとは思えないようなところでも、店舗デザインに引かれてついつい入ってしまう。最新の調理器具や立派な外観の店で料理の味もおいしいのに客が入らないという事もあるのです。それほどまでに店にとっては店舗デザインは重要なものであり、入ってみたくなるようなコツを心得ています。アドバイザーを雇ってでも店舗デザインにこだわるのにはそんな理由があります。

おしゃれな内装店舗デザインについて

おしゃれな内装店舗デザインについて お店を開く際や改装をする際にとても大事になるのが、店舗の外装や内装のデザインです。店舗デザインとは、店舗のエクステリアやインテリアを含む店舗の設計を指します。多くの場合、専門のデザイナーに依頼して、設計図やイメージ図をもとに施工業者が工事を行います。
店舗デザインは、そのお店ならではの雰囲気を出す為に必要であり、それによって来客数や売り上げが大きく変わってきます。例えば、お手頃な価格の和食の飲食店の場合、洋風のインテリを揃えるのでは少し趣が異なるため違和感を感じるでしょうし、あまりに凝った内装ではお客様が尻込みしてしまうかもしれません。和風の家具や壁紙を置いても、同じイメージのものでなければ雑然とした雰囲気になってしまいます。ふすまや座敷を設置し、日本画を大きく伸ばした壁紙など、お客様にとって居心地の良さやちょうど良さを感じるデザインであれば、何度も来店してもらえることが期待できますし、長居して1グループあたりの注文数や注文金額が増える可能性があります。

最近色んな飲食店に行くのだけど、スタッフさんは本当に忍耐強いな。。 やや高価格帯のビールの店で自分が働いてるから品ある人が集まってると言う気はないけど、 特にレモンサワーHBもよく出る大衆的な店舗に来る人たちの粗野さというのは本当に… 波のうねりのようだ。 せつないぜ。

-->